有機農法の野菜の栄養

有機農法で育てたホウレンソウのビタミンC含有量は、化学肥料や農薬で育てたホウレンソウの三倍もあるということがわかっています。これは一例であり、ビタミン、ミネラル、酵素などどれをとっても 有機野菜の栄養は優れています。そして、有害な農薬が残留していないことがもっとも重要です。農薬の発がん性は知られています。そのため残留農薬基準が設けられています。しかし、どれだけ基準を設けても、 残留がまったくない有機無農薬野菜には勝てません。わすかでも微量でも農薬の影響は甚大です。近年、増え続けているアレルギー疾患の最大の原因は、野菜や米、小麦などの残留農薬が原因になっている可能性が高いと 指摘する小児科医もいます。

残留農薬は万病の元

農薬、合成洗剤、食品添加物など、すでに発がん性が判明している にもかかわらず、使用が許可されている現状は、変えていかねばなりません。そのためには、消費者が、無農薬有機栽培の野菜や果物を優先して 購入するようになる必要があるでしょう。消費量が増えれば、 生産者も増えます。全体に良い循環になります。木村秋則氏の指導を受けて自然農法を始める人も増えています。やはり促成作物とは違い、食感は格別で、何よりも日持ちが良く腐りません。


スポンサードリンク

木村秋則と自然栽培の世界

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク