無農薬栽培の野菜の普及

無農薬栽培の野菜の普及は、日本国民の健康問題に大いに影響すると思います。 大量生産の野菜は、大量の農薬を使用されて生産されています。ナスは30回前後も農薬散布を受けて、ようやく出荷されています。米の場合はおおむね20回前後の農薬散布を行います。このように農薬まみれの食物を私達は食べているわけです。農薬には発がん性があることがわかっています。高濃度では小動物は死ぬわけですから、それが人体に蓄積された場合の影響は はかりしれません。こうした農薬の長期的な影響についてはほとんど調査研究がなされていないのです。このため、法的にきわめて甘い規制になっています。

農薬は危険な毒物

農家の中にも、農薬の有害性に心を痛めて、無農薬栽培へと 切り替える農家が次第に増えてきています。しかし、無農薬栽培の技術がいまだ十分に普及しておらず、なかなか広がっていないのが現状です。私達、消費者が無農薬野菜をできるだけ選択することで、消費が活性化すれば、農家の中にもあとに続く人が増えてくるはずです。木村秋則さんなどの無農薬栽培の研究者たちの足跡を学んで、一人でも多くの農家が目覚めてくれるとよいですね。


スポンサードリンク

 

地球に生まれたあなたが今すぐしなくてはならないこと

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする