小麦は食べないほうがいい

健康になる食材

パンなどの小麦食品をやめて、おにぎりを食べるほうがよほど健康によいことがわかる本です。遺伝子操作でつくられた異常な小麦を すでに日本人は食べさせられています。アメリカでは2億人が小麦食品を食べ、1億人以上の肥満、 糖尿病、心臓、皮膚などの疾患になっています。本書の著者であるウイリアム・デイビス医学博士はアメリカの著名な循環器専門医です。博士は、2,000人の患者に小麦粉食品の摂取を止めさせ、「小麦抜き生活」は病気を全快、改善させました。博士は、国民的な肥満病蔓延は小麦が最大原因だといっています。 日本は80%以上を輸入小麦に依存し、それは日本の農林10号 という小麦をさらに改良した品種です。ロックフェラー財団系の研究所で作られ60年代に生まれた新種小麦は、遺伝子情報がかなり変わってしまので グルテンアレルギーの人々が急増しました。小麦においてはいま私たちが当たり前に食べている小麦こそ、世界で遺伝子組み換えが注目される前からの「遺伝子組み換え小麦」です。小麦は緩やかに小脳を犯し、50歳ごろに命の危険にかかわる疾患として 現れることが研究結果で分かってるのです。アメリカはすでに100人に1人が小麦アレルギーです。


スポンサードリンク

遺伝子の操作された小麦

遺伝子組み換え小麦は、精白でも全粒粉でも、有害性は同じです。 この小麦が精製された砂糖よりもGIを急激に上げるのです。分解物の一部が脳関門をすり抜け、麻薬とまったく同じ作用をしています。一度壊された小脳は再生しないので、年を追うごとに 思考力が低下し、体の機能や免疫系が低下します。遅行性のため気が付かないまま小麦という麻薬に依存するようになります。 食欲中枢を壊されて過食してメタボになるのです。つまりメタボは不摂生でなく、遺伝子組み換え小麦の摂取のせいです。 原種の小麦を選べないのなら、小麦を食べないほうが安全です。小麦は品種改良によって人類が長年食べ続けた小麦とは 全く違うものになっています。品種改良小麦の 異質なたんぱく質が原因と考えられる様々な病気が増えています。小麦は炭水化物の中で最も血糖値を上げるのです。 品種改良された小麦はアミロペクチンがほとんどで アミロペクチンはアミロースに比べて消化が良くすべて 吸収され血糖値を上げてしまうのです。食べる米の品種を変え、強力粉を除去するとアトピーが改善しますが、 米も小麦も品種改良によってたんぱく質が変化しているのです。パン、パスタ、ソーメン、うどん、ラーメン、 ピザなどを 食べないようにするしか、身を守る方法はありません。カレーのルウまで小麦が含まれているのです。米飯食とパン食の学生の体力に差があることも日本で判明しています。長野県でもパン給食を中止してから非行が無くなり、 温厚で我慢強い生徒になっています。

小麦は食べるな!

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク