奇跡を起こす見えないものを見る力

木村秋則さんは、完全な無農薬、無化学肥料の栽培方法で、リンゴをはじめ、さまざまな農作物を栽培、収穫する方法を 世界ではじめて確立されました。そのK-M メソッドと呼ばれる完全な自然農法を、 日本全国の有志が学んでいます。 そして、日本国内に少しずつ、無農薬栽培農家が増えています。このことは、わたしたちの健康が守られることであり、 同時に自然環境が守られることにつながります。 佐渡島では、いま、トキの放鳥が進んでいます。トキの生育には田園の水棲小動物が不可欠ですが、 農薬使用の被害を一番受けるのは、彼ら小動物です。 そのため、佐渡においても木村秋則さんの自然農法が学ばれているのです。石油系の化学肥料や農薬は、微量であっても人体に蓄積して、 癌やアレルギーなどの慢性疾患を引き起こすことがわかっています。

発ガン物質としての農薬

こうした有害物質の悪影響は摂取してから何十年もして はじめて出てくるので因果関係や責任追及が きわめてあいまいなまま商業主義におしながされてきました。いま、木村秋則さんの活動がその流れを変えつつあります。 木村さんがこれまで歩んできた道の中で、体験した不思議な出来事。木村さんの人生に大きな影響を与えた不思議な事件。 本書ではそういうエピソードを語りながら、 木村秋則さんの人生観、宇宙観がわかるように書かれています。健康に関心のある人はぜひ読んでおくことをおすすめします。


スポンサードリンク

奇跡を起こす 見えないものを見る力 (扶桑社文庫)

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク