「アメリカ小麦戦略」と日本人の食生活

アメリカは日本を占領するとただちに「穀物戦略」を開始しました。日本にアメリカの栄養学を導入して、学校給食にもパンや牛乳を強要しました。食糧難の日本は占領軍の強要にあらがうすべもないまま、日本文化は破壊されていきました。パン食も牛乳も肉食もすべてはアメリカによる食料戦略でした。日本から米食を絶滅させ、日本の伝統食を断絶させることで日本文化を破壊する。これがアメリカによる日本の植民地化計画の一環であったのです。いま、すべきことは、速やかに、一日もはやく学校給食から牛乳を廃止することです。欧米型の食生活を駆逐して、日本本来の食生活に戻すことです。日本人にアレルギー、アトピーなどが増えているのはすべて小麦と牛乳によるのです。

アメリカの食料植民地

子供の頃から朝食にパンや牛乳を食べていれば、アトピーや喘息などの アレルギー疾患になるのは当然です。日本人は伝統食を捨てさせられたのです。アメリカの占領時代に。そしてアメリカの食文化に染められて健康まで破壊されてしまいました。米国の「戦略」に見事に日本はしてやられているのです。食糧難の日本政府を良いように操った卑劣なアメリカ人たちに怒りが こみあげてきます。日本の伝統と国民の健康を今こそ、復権させることが必要です。学校給食からすみやかに牛乳を廃止しなければなりません。GHQの占領政策の成果が学校給食の牛乳なのです。


スポンサードリンク

「アメリカ小麦戦略」と日本人の食生活

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする