無農薬、無肥料の野菜

無農薬栽培の野菜や果物が安心、安全であることは、多くの人々に理解されてきています。無農薬栽培が普及し、日本人すべてが無農薬栽培の野菜や果物を食べられるようになれば日本人の癌や脳卒中も減少することでしょう。しかし、無農薬だけでは、まだまだ不完全です。究極は無農薬に加えて無肥料で、野菜も果物も栽培される形が理想です。自然界のどんぐりもアケビも、農薬や肥料の助けを必要とせずに実ります。「奇跡のリンゴ」で有名になった木村秋則さんも、リンゴを無農薬、無肥料で栽培し、すばらしい成果を出しておられます。

健康になる野菜

自然界の仕組みを正しく理解すれば農薬だけでなく肥料も必要なくなるのです。少なくとも、消費者への善意があるというならば、無農薬栽培を追及するのはもちろんのことですが、さらに化学肥料を使うことを完全に停止すべきです。そして、有機肥料もできるだけ減らし、必要最小限に抑えるべきでです。すべての農家が、消費者への善意を持ち、商売優先を捨てて、木村秋則さんをはじめとする全国の無農薬無肥料栽培の先駆者に学んで、理想の野菜栽培や果物栽培を実践して頂きたいと念願しています。


スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする