無農薬栽培のブルーベリー

日本全国で無農薬、無の農法が普及されつつあります。今回は、ブルーベリー栽培についてご紹介します。ブルーベリーは、加齢黄斑変性症を予防し、目の健康によいポリフェノールを大量に含みます。アントシアニンというポリフェノールがそれです。岐阜県下呂市の田上農園では、無農薬栽培で作ったジャムとソースを生産されいます。田上農園を経営する田上健さんは、無農薬、無化学肥料の観光農園をつくりあげました。観光農園として、観光ブルーベリー狩りをはじめたところ、毎年、二千人が来園するほどの人気ということです。ブルーベリーという果樹は、それほど大きくならず、家庭菜園や、家の花壇などにも簡単に植えて、収穫することが可能です。


スポンサードリンク

目の病気に良い果実

最近では、簡単に苗木が購入できますので、ぜひ、あなたも家庭で無農薬のブルーベリーを育てて食べてみてください。ブルーベリーは視力低下を防ぎ、加齢黄斑変性症を予防、改善させうるアントシアニンなどのポリフェノールを大量に含むアンチエイジングにも最適の果物です。家庭で育てる場合も、肥料などもほとんどやらなくても実をつけるほど、育てやすいのです。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク