無農薬で育てた米や野菜はおいしい

木村秋則さんが「奇跡のリンゴ農家」として世に知られるようになってから、木村さんの志に感じて、その自然農法を学ぶ人が次々に現れました。今では「木村秋則農法」として全国に知れ渡り、木村さんが苦節十余年の年月を捧げて完成させた完全な無農薬、無化学肥料の自然農法が広まりつつあります。リンゴだけではなく、桃や梨、ぶどう、みかん、米、麦、野菜、多くの分野で、完全な無農薬、完全な無化学肥料の自然農法が、全国の有志たちにより実践されています。そして、無農薬野菜や無農薬米を食べることで、重度のアレルギーやアトピーや喘息が改善したという事例も増えています。それだけ農薬や化学肥料が、人体に有害であったということの証左です。農薬は、微量であっても人体に蓄積をしますので、やがては癌を引き起こしたり子宮筋腫や子宮内膜症などの生殖器疾患を招きます。

木村秋則さんの方法

そして農薬という化学物質そのものへのアレルギー反応としてのアトピー性皮膚炎や気管支喘息、アレルギー性の情緒不安定などを引き起こします。また、化学肥料は、作物の中に硝酸塩を大量に生成させる副作用があります。この硝酸塩が胃のなかで発がん物質を生み出し、胃がんなどの消化器の癌を増やしているのです。化学肥料を使うと、無農薬栽培はできません。化学肥料は植物の成長を過剰に促進するため、病害虫に弱い作物が育つため、農薬が必要になってしまうのです。無農薬であり、無化学肥料であることが、農産物の理想的な栽培方法であることは、木村秋則さんの著書などを学べば、誰でも理解できることです。


スポンサードリンク

 

百姓が地球を救う

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク