無農薬栽培は日本を救う

無農薬野菜のすばらしさは、食べたことのある人間にしかわからないです。無農薬栽培を馬鹿にしたり、攻撃している人の多くは、農薬産業関係者です。彼らは、商売をするために、無農薬栽培が邪魔なのです。なぜ、金儲けだけを優先して、消費者の幸せを考えられないのでしょうか?日本だけでなく、ヨーロッパでも無農薬栽培が次第に増えています。地球環境を守り、人体の健康を守り、生態系を守る。それが無農薬栽培です。政府は、無農薬栽培推進を政策として打ち出すべきです。木村秋則さんにブレーンになってもらうことが最善です。

日本を救う無農薬農法

日本の農業をあるべき姿に変えていくためには、郷土を愛し、国を愛する心のある、いわば国益を優先できる政治家が立たねばならないでしょう。無農薬栽培を講義し、その方法を指導するスクールを創立し、国をあげて、有機栽培、無農薬栽培、無肥料栽培を研究して、普及に努めるべきです。これまで有害な農薬を販売していた会社は、無農薬栽培のために必要な生物農薬や、自然農薬を研究、開発すべきです。そのように業種転換することで、会社は存続できます。人類の本当の幸せに貢献してこそ、会社の存在意義があります。


スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする