自然栽培の世界と無農薬栽培

家庭菜園に取り組む人々が幅広い世代で増加しています。関連業界も活況で、農機や殺虫剤の売り上げも伸びたそうです。安全で安心な食品を求める心が家庭菜園の増加につながったのであれば、農薬関連の売上は低下しなければおかしいです。市民農園といって10平方メートル程度を借りて手軽に農業をする人が増えたそうですが、農薬散布しての栽培であれば、これは問題です。農機の中でミニ耕運機がよく売れているといいます。ハンドスプレータイプの殺虫剤も前年比で1割以上市場規模が伸びたそうです。これは殺虫剤メーカーなどが園芸教室を開いて教育活動をしている影響です。


スポンサードリンク

人類滅亡から救われる道

木村秋則さんの本が売れて、多くの人が無農薬栽培の安全性と可能性を理解すれば、無農薬栽培にチャレンジする人が増えるはずです。メーカーが無料で園芸教室をするのは、農薬や化学肥料を売りつけるのが目的です。そういう園芸教室にいく前に、まずは木村秋則さんの無農薬栽培、自然農法の本を学んでもらえたらと思います。一般の家庭菜園の方法も解説してくれているので、誰でも始められます。各家庭で無農薬での野菜栽培と、化学肥料なしでの自然栽培が普及すれば、世の中が変わります。そうなることが地球環境を救う道でもあります。そしてアトピーやアレルギーをはじめとする化学物質による免疫系の異常によって発症してくる病気を減らすことにつながります。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする