無農薬野菜でアンチエイジング

アンチエイジングにもっともよいのは、無農薬野菜です。 なぜならば、無農薬野菜は、ビタミンやミネラルなどの 栄養素が市販の野菜よりも豊富だからです。農薬を使用して育てた野菜はビタミンやミネラルの 含有量が少なくなり、硝酸塩を多く含む植物体となります。これが、胃に入ると、発がん性物質を発生させます。なぜ、無農薬で育てる野菜は癌を予防するのに、農薬で育てる野菜は発癌性物質を含むのでしょうか。

農薬は麻薬のようなもの

農薬そのものが、発癌性を持つのですが、農薬を使うと植物体は、化学肥料を必要とするようになります。 化学肥料がないと十分に成長できないのです。そのため、化学肥料と農薬は必ず併用されるのです。逆に、無農薬栽培には化学肥料は必要ありません。 また、化学肥料で育てると、その植物体は、農薬なしでは生きていけない状態になります。 農薬は、植物にとって麻薬のようなものなのです。


スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする