無農薬、無肥料こそ、本物の農業

「梨、桃、葡萄は無農薬ではできない。無肥料ではできない」この言葉を木村秋則さんは何度も耳にしたそうです。しかし、現実にこれらの果実が無農薬、無肥料で実っているのを十年以上も木村秋則さんは見てきているのです。つまり化学農薬を売って利益をあげている人々に多くの国民はこれまでだまされてきたのです。スーパーで売っている野菜は濃い緑ですが、本物の野菜は緑が薄いのです。また、農薬を使用し、化学肥料を使用している畑にこそ、害虫は多いのです。そんな畑がそれまで使っていた農薬をちょっとでも怠ると、たちまち害虫の大量発生となります。ところが、無農薬、無肥料の野菜には虫があまりつかない、そして腐らないのです。害虫がくる野菜は腐りやすいのです。農薬を散布していないのに虫がつかない自然農法の野菜は腐らないのです。今までは雑草をできるだけ駆除することが素晴らしい農法だと思われてきました。ところが、木村秋則さんは雑草をそのままにしておくと痩せた土壌が豊かによみがえることを発見したのです。木村さんが雑草をそのままにしてから三年後に七個のリンゴの花が咲き、二個のリンゴが実ったのです。その翌年には畑全部に花が咲いたのです。


スポンサードリンク

土壌こそ無農薬栽培の鍵

土壌をよみがえらせる鍵は雑草にあったのです。こうした木村秋則さんの発見によって自然農法のノウハウが次第に確率されていき、いまや木村さんは日本全国を回って、後進の指導にあたっています。木村秋則さんは、農業を営んでいない私達にもこうおっしゃいます。家族の健康を守るためにも、家庭菜園をつくりましょう。ベランダでできますよと。家庭菜園でできた無農薬野菜をスーパーの野菜と比較したらわかりますと。木村秋則さんはリンゴにつく毛虫の生態を調べるためにそれを飼育し、どんな成虫になるのかも確かめました。そしてそのガが、目の高さぐらいを飛ぶことを知りました。また一度に二メートルほどしか飛ばないことも知りました。そのガはリンゴが発酵した汁が好物であることも知りました。それで木村さんは、リンゴを発酵させたものを薄めて、バケツに入れてリンゴの木にぶらさげたのです。もちろん目の高さにです。すると翌日、たくさんのガがバケツに落ちて死んでいたそうです。この方法で、少しずつガは減っていきました。そして今では完全にいなくなって、バケツを下げることもなくなりました。今では外国のリンゴ農家でもこの駆除方法が広まっているそうです。すばらしいですね。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする