つくった人が自分の子供に食べさせられる野菜

無農薬栽培で育てた野菜やリンゴは、アトピーの子供や、化学物質アレルギーの子供でも安心して食べられます。無農薬で野菜や果物を栽培するノウハウはすでに確立されており、農家の意識の問題になっています。農家の人が無農薬栽培を取り入れるか否か。それは、「つくった人が自分の子供に食べさせられるか」という意識をもっているかどうかなのです。どうせ売るから。どうせ知らない誰かの口に入るから。そう思っているからこそ、農薬栽培を平気で行うのです。これでは中国の毒野菜と変わらないではありませんか。日本人であるならば、商売とは誠心誠意の仕事で、人を幸せにするものであるはずです。農家であれば、健康になれる野菜を生産するのが本当の仕事だということです。


スポンサードリンク

無農薬栽培を始めよう

すべての農家がこの基本にたちかえり、わが子に安心して食べさせられる野菜や果物を生産するようになれば、社会が変わります。一人でも多くの農業生産者が、この意識にめざめることを祈ります。木村秋則さんが自然農法でりんご栽培に成功するまでの 物語を映画にしたこの作品はぜひすべての農家の人に見てもらうべきものです

奇跡のリンゴ DVD(2枚組)

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする