野菜工場の発展は日本を救うか?

無農薬野菜という観点からは、野菜工場は、その条件をクリアした存在です。問題は肥料ですが、これは今後の研究と開発によって、化学肥料ではない、有機液体肥料が開発されてくれば、よいかもしれません。日本の国内の農業は間違った農業政策の結果、悪い意味での保守的な方向に傾いています。これは、石油系農薬を使用したり、化学肥料を使用したりする農法を頑迷に保守する悪循環を生みだしています。木村秋則さんをはじめ、優れた自然農法家が、ノウハウを惜しみなく公開してくれていて、全国に指導に飛びまわっていても、なかなか農家の目が覚めないのは、ひとえに悪しき農政のたまものです。むしろ、野菜工場をビル内に建設する企業が、木村秋則さんなどの自然農法家に学んで、できるかぎり、自然な形での野菜工場を実現すれば、日本は救われるかもしれません。


スポンサードリンク

無農薬の野菜工場

野菜工場では農薬が不要であることはすぐれた利点ですが、肥料がどうしても、遅れています。これを有機液体による自然農法的な肥料の開発を行えば、すばらしい道が開けるのです。カゴメをはじめ、野菜工場を持つ企業は、この最後の試練である肥料の問題をクリアして、本当に無農薬無化学肥料の自然栽培に限りなく近い野菜工場を開発すべきなのです。これができれば、日本の食糧問題など解決してしまいます。もう、毒入りの中国野菜を買う必要もなくなるのです。日本国民すべてが救われるのです。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする