無農薬栽培の地球環境への影響

完全無農薬野菜

無農薬栽培が増加すれば、それだけ農薬の使用が減っていくことになります。それは地球環境を守っていくことにつながります。農薬が自然破壊を進め、生態系を破壊していくことは明らかな事実ですが、それをわかっていながら、多くの農家は、農薬がやめられないのです。なぜなのでしょうか。それは農協をはじめ、癒着が大きいのです。しがらみ、利権の塊が、あって、多くの人がそれにしがみついています。本当はいけないのだと皆、わかっているのです。しかし、自分を正当化しようと必死で反論してきます。皆、わかっているのです。本当のことを。本当は、無農薬で野菜も果物も栽培できるのです。その方法はすでに確立されており、その気になれば、いつでもだれでも開始できるのです。


スポンサードリンク

無農薬栽培が地球を救う

しかし、それをやろうとしない。それよりもしがらみや、これまでやってきた流れをそのまま維持しようとしているのです。しかし、いずれはそれは破綻します。そのことももう、わかっているのです。破綻するまで、やり続けるのでしょうか。木村秋則さんは「もう、時間があまり残されていない」と著書で書かれています。まさにそのとおりだと思います。一人でも多くの日本人、いや世界の人々が、無農薬栽培の技術を取り入れ、地球環境を守る農業に移行しなければならないのです。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク