無農薬野菜を食べる習慣をつけよう

無農薬栽培

無農薬野菜を食べたい時、一番、簡単な方法は無農薬野菜の通販システムを使うことです。地元で無農薬野菜を販売しているお店がある場合は、そこで買ってもよいです。そういうお店が近くにない場合は通販をおすすめします。こうした通販業者は、野菜の生産者の紹介、産地の紹介などがきわめてしっかりとしています。いろいろ会社がありますが、ほとんどの無農薬野菜通販は、生産者、産地、生産方法を公開していて、消費者はそれをいちいち確認しながら注文できるのです。無農薬野菜を生活の中に取り入れることは、アンチエイジングと健康の実現の第一歩です。木村秋則さんの活動は、日本中に無農薬栽培の普及を促進しました。そのおかげで、いまや全国で無農薬栽培に取り組んでいる農家があります。


スポンサードリンク

化学肥料と化学農薬

無農薬栽培では、化学肥料は使用しないのが普通です。そもそも化学肥料で育てた野菜は、化学農薬を使用せずして育ちません。無農薬というのはこの化学農薬つまり石油化学工業の産物である発癌性や催奇形性のある有害な化学物質を使用しないことを意味します。それは肥料においても同じなのです。化学肥料は、作物を不健康に巨大化させるため、病害虫にきわめて脆弱な植物となります。それゆえに木村秋則さんは、リンゴを完全な無農薬、無化学肥料で育てる道を選んでおられます。割高であっても、無農薬野菜を選ぶことは、健康と美容に直結します。食費が安くすんでもそれで癌になったり早く老化したのでは、何の意味もありません。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク