あなたの人生に「奇跡のリンゴ」をつくる本

無肥料無農薬野菜

無農薬栽培の普及させた木村秋則さんが人生に勇気と知恵を与えてくれる本です。10年以上もの間、「無農薬栽培でリンゴを育てたい」との願いを叶えるために、極 貧生活に耐えて、その夢を実現させた木村秋則さん。


スポンサードリンク

世界ではじめて無農薬リンゴ栽培に成功

木村秋則さんは、誰もが無理だと思っていた無肥料および無農薬の条件のもとでのリンゴの栽培に成功しました。木村さんの育てるリンゴはいつしか「奇跡のリンゴ」”と人々から言われるようになりました。厳冬のリンゴ畑での木村秋則さんのインタビューと講演会のDVD付録がついています。このお話をきくことで、木村さんの人柄がよくわかります。木村さんは今では日本中で、無農薬栽培を指導しています。木村さんの農法を継承する自然農法家が育ちつつあります。日本の農業が世界に誇れる技術といえるものです。こうした技術を国が支援するべき段階にあるといえるでしょう。

世界に木村農法を普及するために

木村秋則さんは海外でも講演活動を行っています。完全な無農薬で、化学肥料をまったく使わない農法。その自然農法で育てた果物や野菜は、食べるだけで人を健康にします。実際にアトピー性皮膚炎や化学物質に過敏な体質の人は、農薬にも反応します。農薬を使って栽培した野菜を食べると、皮膚炎が悪化する子供も多いです。欧米でも、韓国などアジアでも、木村さんの農法は注目されているのです。世界の人類を救うかもしれない木村農法。日本でも学ぶ人が増えてきています。世界の農業の流れを変えるかもしれないこの技術を日本政府がもっと注目し、支援しても良いと思います。種子法を廃止してしまった日本はどうなるのでしょうか。


スポンサードリンク

子供の農薬アレルギーが無農薬リンゴで解決

農薬にアレルギー反応をおこす子供でも、無農薬野菜を食べるようになると、皮膚炎が軽快する事例も多いのです。リンゴなどの果物は通常は、大量の農薬を使って栽培します。その残留農薬が、アレルギーを悪化させるのです。木村秋則さんは、完全な無農薬でリンゴを栽培されます。農薬アレルギーの子供でも木村さんのリンゴなら食べられるのです。考えてみればこれはものすごいことです。この農法が普及すれば日本は世界でもっとも安全な食を実現できるかもしれません。また、アメリカの危険な農産物や遺伝子組み換え農産物とも縁を切れる可能性もあります。食料安全保障という角度からも、木村さんの偉業は、大きな意味を持つのです。


あなたの人生に「奇跡のリンゴ」をつくる本

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク