ネオニコチノイド系農薬がジュースに残留

ネオニコチノイド系の農薬がぶどうジュースなどに混入していることがわかっています。本来、ぶどうジュースは、レスベラトロールなどのアンチエイジング成分を含み、健康に良い食材なのですがネオニコチノイド系農薬がジュースに残留しているとなると、危険性が高い食材となってしまいます。農薬を使用していない無農薬の果実や野菜や米をできるだけ選ぶことが大切です。木村秋則さんのお弟子さんたちが全国で無農薬農法を実践していますので、そのような農産物を選択することが大切です。無農薬野菜のことを危険だと攻撃している人もいまだにいますが、彼らは農薬が出現するまでは人類は無農薬栽培しかしていなかった事実をどう考えているのでしょうか。家庭菜園をする場合も、農薬のいらない野菜からチャレンジしてみましょう。


スポンサードリンク

無農薬野菜は日本の農業を救う

リンゴは、昔から泥巻法でリンゴの腐らん病に対処していましたが、木村秋則さんは、まったく新しい方法で克服しています。桃栽培でもみかん栽培でも木村農法は応用できます。無農薬による自然栽培をまるでカルトのように悪評する人もいますがリンゴフラン病は農薬でも克服できていません。そして、有機リン系農薬は野菜の栽培にいまだに多用されています。ネオニコチノイド系農薬も果樹などに多用されています。安心やさい、サーフセラといった農薬落としの洗浄剤もありますが完全には落とせません。化学メーカー関係者による無農薬の批判は有機リン系農薬などを売らんがためのもので、木村秋則さんやそのお弟子さんをさかんに攻撃しているようです。遠野自然栽培研究会の佐々木さんも農薬の害を悟り、木村秋則さんの自然農法を学びました。無農薬りんごや木村さんへの批判は、農薬メーカーや農協など政府と癒着している集団による悪宣伝であり、だまされてはいけません。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク