木村秋則さんが日本の農業を変える

木村秋則

木村 秋則さんは、1949年、青森県に生まれました。もともと岩木町と呼ばれたその地は、岩木山神社がある聖地です。いまは弘前市となっています。平成の大合併のためです。弘前実業高校を卒業された木村秋則さんは20代前半から農業にとりくまれました。木村秋則さんも当初は農協のマニュアルどおりリンゴを栽培していたのですが、農薬の使用量があまりにも多いリンゴの通常栽培では、奥様やご家族に体調不良が出現しました。そこで木村さんは農薬の害というものに直面されました。ご家族のため、無農薬農法を模索する決意をされた木村さんは、実際に徐々に農薬を減らしはじめました。自然の堆肥を使用する減農薬・有機栽培を始められたのです。しかし、完全な無農薬栽培の実現を理想とされた木村秋則さんは、完全無農薬・無肥料の自然栽培を開始されました。ところが、リンゴはまったく実を結ぶことなく次第に枯れ始めました。


スポンサードリンク

世界に誇れる木村秋則さんの「完全無農薬栽培」自然農法

それから10年近い無収穫時代を耐え忍び、農法の研究に明け暮れました。その間はトラック運転手など様々な仕事で収入を得てなんとか家族の暮らしを守りました。苦闘十一年、木村さんが40代前半の時についに完全無農薬・無肥料栽培のノウハウを確立、リンゴは豊かに実るようになりました。この木村秋則さんの自然農法を学びたいと願う全国の有志が集い、木村さんはいま、全国で指導を行って、世界にも講演に行かれます。その木村秋則さんを支えてこらえた人々との絆の物語です。とても感動的な書です。岩木山神社の神の化身とさえ思える崇高な理想を貫かれている木村秋則さんの足跡を学ぶ本書は、人生の乗り越え方を教えてくれます。人間が何のために生まれてきたか、気づきを与えてくれる本です。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク