国産野菜の多くは農薬を多用し、中国産はそれ以上に危険

無農薬栽培

トマトを収穫するまでに農薬が何回散布されるかご存知でしょうか。おおむね四十数回も散布するそうです。熊本県61回、千葉県58回、北海道21回、茨城県35回、愛知県57回、群馬県40回、福島県41回、長野県35回、岐阜県56回だそうです。トマトのほか、キュウリでも同様です。40回から70回の散布。奈良県のネギは8回、京都の九条ネギは32回も散布しています。野菜の名前をあげるまでもなく、慣行栽培つまり、無農薬栽培ではないすべての栽培において、いまや日本中が農薬漬けの栽培で野菜を生産しているのです。こうした農薬の発がん性などの長期的な調査はほとんどなされていません。たとえば農薬野菜を二十年間食べ続けると、どこに癌ができるか、などの研究はいまだありません。

無農薬野菜をつくる農家も増えてきている

ごく短期、数か月から一年以内の研究だけで安全だと認可された農薬が、日本中で使用されています。発がん性があり、大量に摂取すると中毒死するのが農薬です。ごく微量であっても、それが体内に蓄積されたらどうなるか。こうした問題に対しては、今のところ、無農薬野菜、減農薬野菜、有機栽培野菜を選ぶしか方法がありません。まだ価格は高めですが、多くの消費者が求めるようになれば、無農薬栽培が普及し、価格は下がってくると思います。現在では一部の宅配システムを利用した会社が、無農薬野菜をとりあつかっています。こうした会社は複数ありますので、それぞれの特徴をよく確かめて選ぶと良いでしょう。せめて米だけでも、あるいは、使用する一部の野菜だけでも、無農薬栽培の野菜を取り入れてみてはいかがでしょうか。実は、安全とされる漢方薬に使う原材料でも、その産地が中国である場合、残留農薬が問題になっているのです。


スポンサードリンク

中国野菜は残留農薬が危険なレベルになっている

中国は農薬の使用が日本以上になっています。農薬の種類も有害なものが多いのです。毒ギョーザ事件にもみられるように非常に危険な農薬がいまだ使用されています。最近は、家庭農園が普及し、自宅で野菜をつくる家も増えています。私が、こうした人々に農薬について質問してみると、ほとんどの人が農薬は一切使用しないと答えました。農薬を使わないと当然、虫が食います。見た目も不細工な野菜になります。それでも、農薬の有害作用を思えば、虫食いで十分だというのです。農業で生計をたてている人でも、自分用の野菜だけは別区域で無農薬栽培しているそうです。自分が食べられない有毒な野菜を消費者に売るのはいかがなものでしょうか。多くの農家は、消費者は見た目がきれいな形の良い野菜ばかり買うので仕方ないというのです。「形が悪くても、無農薬の野菜を食べたい」多くの消費者がこういう意識になれば、農薬を使う農家も減ってくるのではないでしょうか。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク