病虫害を防いで無農薬栽培する秘訣

完全無農薬野菜

ナスとネギをいっしょに栽培すると病害虫が予防できることを知っていますか?他にもキュウリとトウモロコシ、ニンジンとタマネギ、カボチャと枝豆、それから、ジャガイモとインゲン豆も。このように植物同士の性質を利用して、組み合わせ栽培をすることで、無農薬栽培の効果を最大限に引き出すノウハウがあります。オランダなどでは、ひまわりを畑の周囲に植えることで、害虫をそちらにひきつけるという方法を用いて、無農薬栽培を実践していますが、この応用で、いろいろなやり方が存在するのです。

有機・無農薬の野菜づくり
このノウハウは、家庭でも簡単に無農薬栽培を成功させることができるでしょう。災害などで食料の供給が絶たれたときにも、家庭菜園がある人は、飢えをしのぐことができるかもしれません。そして、完全な無農薬での野菜栽培を実際にやってみることは大きな感動を生むはずです。専業の農家の方々にも本書はおすすめです。このノウハウを大規模な農園で活用すれば、あなたも無農薬有機栽培のブランド農家の仲間入りです。無農薬栽培による野菜や果実や米などの生産が増えれば増えるほどに、日本国民の健康が増進されるのですから、最高の慈善事業でもあるのです。


スポンサードリンク

日本のすべての農家が無農薬栽培を導入すれば日本は良くなる

一日も早く、日本のすべての農家が無農薬栽培を選択し、工夫と知恵により、完全に農薬の害をなくしていくことこそが、日本の国のためになる良き道です。化学肥料も使わないようにしましょう。化学肥料を使うと、野菜は病害虫にやられやすくなります。すると農薬のお世話になることになります。化学肥料をやめて、有機肥料だけにすること。自然の堆肥だけを使うこと。それによって、病害虫に強い農作物が育つのです。さらに、本書で公開された、組み合わせのノウハウを活用して、より効果的に、病害虫を防ぐことができます。農薬や化学肥料などといった石油化学工業の恩恵など、もはや一切不要となるのです。それは、癌やアレルギーのリスクが限りなくゼロに近づくことを意味します。農薬により、癌になったり、アレルギーになったりする人々、特に子供達を守るためにも、こうした知識の普及がもっともっと促進されねばなりません。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク