農薬や化学物質をできるだけ減らす工夫

健康になる食材

農薬を使用した野菜や果物により、皮膚炎や喘息が悪化するアレルギー体質の
子供のいる家庭では、毎日の食事は無農薬野菜や無農薬米であることが基本です。

そういった体質でなくても微量の農薬が蓄積していく結果として、癌を起こしたり、
特発性間質性肺炎などの難病を引き起こしているのではないかと指摘する専門家もいます。


スポンサードリンク

無農薬野菜を主体にし経皮的に侵入する化学物質を避ける

アトピーやアレルギーを引き起こしている本当の原因である経皮毒や農薬など化学物質の害と、
それを避ける方法について知っておくことは健康とアンチエイジングのために大切です。

アトピー性皮膚炎や気管支喘息は、外部からの異物への
アレルギー反応が関与していることは医学的に明らかになっています。
しかし、それ以外にも癌をはじめとする多くの病気が、農薬や化学物質への暴露により、
発症を誘発されている可能性があります。

アレルゲンを避けるだけではなく農薬そのものを避ける

よく知られているアレルゲンはハウスダストや花粉、牛乳や卵のたんぱく質です。
しかし、アレルゲンとされる物質に対するアレルギー反応を増幅している
と考えられている大きな原因がほかにあります。

それは果物や米や野菜の中に含まれる農薬、食品の中の保存料、香料など添加物、
洗剤の中の界面活性剤などの石油系の合成化学物質、化粧や入浴剤の中の化学物質です。
プロピレングリコールやラウリル硫酸ナトリウムなど多数の成分があります。


スポンサードリンク

これまでの治療に加えて、日常生活からこれらの有害な物質を排除すると、
治療への反応が高くなり、中には、薬が不要になるケースもあります。

農薬と経皮毒性のある物質をできるだけ減らす

それほど、日常生活で多くの有害な化学物質にさらされているのです。
特に皮膚から侵入する化学物質のことを経皮毒と呼ぶことがあります。

シャンプーや入浴剤、化粧品、ヘアカラーなどの成分は、石油由来の化学物質です。
それは皮膚から少しずつ体内に浸透して蓄積します。

化学物質の蓄積がある限度を超えると、アレルギー体質が出現し、
他のいろいろな物質に対しても過敏に皮膚や気道が反応するのではないかと言われています。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク