無農薬栽培を日本社会に浸透させるには

日本の国には無農薬栽培の推進などをかかげる政治家や政党はないのでしょうか。
食の安全を追求してくれる政治家が必要だと思いますが、
与党は農協に依存しているので、それは難しいでしょう。
政府は、無農薬栽培を研究推進する農家には補助を出すとか、
もっと、無農薬栽培の推進策を考えれば、日本の農産物の付加価値がどんどん上がります。


スポンサードリンク

無農薬推進で国民の健康と安全を考える人材が必要

無農薬農業はもっと推進されるべきですし、その問題を政府が真剣に考えるべきです。
国民の健康を守るということはそういうものだと思います。
今は無農薬の栽培を研究しているのは、一部の有志だけです。

この状況を変えていくには、まず、農家のひとりひとりの意識を変える必要があります。
田んぼのまわりに堂々と、除草剤をまきちらし、水田環境を破壊するお百姓も多いです。
農業をする人間の意識改革がもっと普及する必要があります。
木村秋則さんの活動が知られるようになり、本もたくさん出ているのが救いですね。

農業をする人、農協側、そして、政治家、政府

農業に関与しているすべての関係者が、無農薬栽培をテーマにして、
討論会をしたり、研究会を開いたりする必要があります。
日本が、無農薬栽培で大きな成果を挙げたら、それは、世界においても
先進的な成果になります。


スポンサードリンク

そうすれば、世界の中でも日本の農業が生き残り、ブランドを維持して、
農家もまた豊かになるのです。このようなプランを出せる政治家を待ち望みます。

小学校でも無農薬栽培の体験授業を

小学校の体験学習として、無農薬栽培の体験を取り入れるのが一つの方策です。
無農薬栽培と、農薬を使う従来の農法の違いを専門家に授業で話してもらい、
実際に、無農薬で校庭の花壇などで、農産物を耕作する体験をさせるのです。

無農薬ということに意識を向けられる消費者を育てるのは、小学校での
基礎教育がもっとも重要だと思います。
また、木村秋則さんの映画「奇跡のりんご」などを学校でも放映し、
子供達にも啓蒙していくことが重要になります。

無農薬栽培された野菜は健康に良いこと。安全であること。
そして地球環境にもやさしいことを子供に教育の場で教えるのです。
アレルギーやアトピーへの対策にもなるという啓蒙が必要です。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする