ネオニコチノイド系農薬の危険性

ネオニコチノイドと呼ばれる農薬が急速に普及しています。
そして、この農薬による被害が増えてきています。
ネオニコチノイド系農薬は、人間の脳神経に悪影響を与えます。
これは一世代前の農薬である有機リン系農薬となんら変わるものではありません。
有機リン系農薬を使った野菜や果物を食べていると、妊婦が発達障害の子どもを生んだり、
幼児に発達障害が発症したりすることがすでにハーバード大学医学部の研究で明らかになっています。


スポンサードリンク

ネオニコチノイドは有機リン系農薬に代わって普及

ネオニコチノイド系農薬は有害性においてはなんら改善されていません。
ミツバチが突然、失踪し、巣が壊滅する事件が多発していますが、
これなどは、ネオニコチノイド系農薬による典型的な被害です。

この農薬を使った植物の花の蜜を食べたことでミツバチの脳神経が狂い、
巣に帰れなくなり、そのまま死んでしまうのです。
モモ、ナシ、ブドウなどの果物を大量に食べたあとで、
急に意識障害になって病院に搬送される患者が増えています。

これもネオニコチノイドの中毒症状です。
これは市販のぶどうジュースを大量に飲んだ場合にも起こっています。
こうした被害から身を守るためには、無農薬野菜、無農薬果物だけを食べるしかありません。

そうでないものを食べる場合、一度に大量摂取は絶対にしないことです。
アトピー性皮膚炎、気管支喘息などもこの農薬で悪化しますので、
食べるものには気をつけてください。

食事制限する場合に日光浴を習慣化する

農薬を避けるため、無農薬野菜をできるだけ食べたいものです。
食物アレルギーの原因の卵や乳製品など過剰に制限したために
アレルギーの悪化や栄養障害を起こすと指摘する医師もいます。
日本小児アレルギー学会でも同様の発表がありました。
食物制限後にO脚を発症した子供が骨が変形する「くる病」になっていたのです。
くる病は、ビタミンD欠乏でおこりますので、
この子供たちは日光にほとんどあたってなかったと考えるのが妥当です。


スポンサードリンク

なぜなら、ビタミンDは、日光浴により皮下合成されるものだからです。
アトピー性皮膚炎を治すために卵と乳製品を除去したために、
ビタミンDが欠乏したのだと主張するのは、栄養学を知らない人です。

そもそも食事からビタミンDを必要量だけ摂取するのは、物理的に不可能なことであり、
絶対的に日光浴が不可欠だからです。
食事の結果、ビタミンDが不足したとみるのはまったく間違った見方です。
単なる日光浴不足であるというのがほんとうのところです。

無農薬野菜を食べて日光浴させるのが最善の除去食実践法

医師の中には「不必要だった食物除去で、逆に病気を生んでしまった」
「最近は、こうした食物の摂取を遅らせる方がアレルギーを起こしやすくなる」と主張している者もいます。

しかし、一方で、卵や乳製品を除去することで皮膚がきれいになり、
また、農薬を除去して、無農薬野菜や無農薬果実を食べさせることでアトピーが改善する事例もまた多いのです。

卵や乳製品を食べなくても、豆乳や豆腐、小魚の摂取でカルシウムやたんぱく質は摂取できます。
適切な日光浴さえ忘れなければ、くる病になることもありません。

実際に、卵も乳製品もまったく食べないで身長が178センチまで伸びた男子生徒もいます。
栄養学を知っていれば、むやみに除去食を批判することの愚かさがわかるのです。
ちなみに日光浴とは、週に三回以上、毎回15分以上、半そで半ズボン程度の服装で、日にあたることを意味します。

それで必要なビタミンDは皮下合成されるのです。
ただし、UVカットクリームなどをつけたり、ガラス越しであれば、無効ですので注意が必要です。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク