木村秋則

木村秋則さんの自然栽培の世界

本書の最大の特典は、巻末付録である自然栽培 簡単マニュアル」です。この自然栽培マニュアルは、木村秋則さんが全国の生産者に栽培指導をされる際のノートをベースにしています。このような貴重な教材を公開して下さる木村秋則さんに心から感謝です。全国の...
木村秋則

木村秋則さんのお弟子さんたち

木村秋則さんの「奇跡のリンゴ」農薬自然栽培が知られるようになると、木村さんのノウハウを学びたいと、後に続く人が現れてきました。木村秋則さんは、農薬、肥料をまったく使わない自然栽培を日本中に広める大志を持ち、全国から海外まで、呼ばれると出向い...
木村秋則

腐らん病がなくなった木村秋則さんのリンゴ畑

木村秋則さんの畑では、リンゴの大敵である腐らん病が、なくなってきたそうです。この腐らん病は、カビが原因でおきるリンゴの病気です。自然栽培のリンゴの木にはコケが生えてきます。もともと自然の木には苔が生えるものです。この苔がカビを寄せ付けないの...
木村秋則

森の戦士ボノロンと木村秋則

「森の戦士ボノロン」をご存じでしょうか?セブンイレブンで無料で配布している童話です。薄い冊子なのですが、毎回、心を育てる良いお話が掲載されています。「この森の戦士ボノロン」の2010年四月号に掲載されたお話は「おじいさんのリンゴ」でした。ど...
完全無農薬野菜

無農薬栽培の地球環境への影響

無農薬栽培が増加すれば、それだけ農薬の使用が減っていくことになります。それは地球環境を守っていくことにつながります。農薬が自然破壊を進め、生態系を破壊していくことは明らかな事実ですが、それをわかっていながら、多くの農家は、農薬がやめられない...
健康になる食材

野菜工場の発展は日本を救うか?

無農薬野菜という観点からは、野菜工場は、その条件をクリアした存在です。問題は肥料ですが、これは今後の研究と開発によって、化学肥料ではない、有機液体肥料が開発されてくれば、よいかもしれません。日本の国内の農業は間違った農業政策の結果、悪い意味...
無農薬栽培

農業政策の問題点と、無農薬自然農法

日本の農業政策は間違っていると言われています。それは農協が旧来の陋習に固まっているためといわれています。新しい農法を普及しようとするときに、農協の存在が、その普及の障壁になることもあるそうです。特に農薬や農機具など共同購入の仕組みを使って、...
木村秋則

つくった人が自分の子供に食べさせられる野菜

無農薬栽培で育てた野菜やリンゴは、アトピーの子供や、化学物質アレルギーの子供でも安心して食べられます。無農薬で野菜や果物を栽培するノウハウはすでに確立されており、農家の意識の問題になっています。農家の人が無農薬栽培を取り入れるか否か。それは...
木村秋則

無農薬、無肥料こそ、本物の農業

「梨、桃、葡萄は無農薬ではできない。無肥料ではできない」この言葉を木村秋則さんは何度も耳にしたそうです。しかし、現実にこれらの果実が無農薬、無肥料で実っているのを十年以上も木村秋則さんは見てきているのです。つまり化学農薬を売って利益をあげて...
健康になる食材

野菜工場と微量農薬の人体被害

日本の食糧自給率は低いといわれていますが、最近、野菜工場というビジネスが発展しつつあります。コンピューターで温度や水、日照などを管理する水耕栽培の温室で、野菜を栽培します。カゴメ(和歌山県加太)や、セコム(宮城県でハーブ)、プロミス(北海道...