無農薬野菜の健康効果とは

無農薬野菜を食べることがなぜ、健康によいのでしょうか。それは第一に農薬が体内に入ってこないからです。農薬の発がん性という害から守られることはもちろんですが、この化学物質のもたらすアレルギーやそれを分解するための内臓の負担。アトピーの人の多くが農薬にも反応するということ。これを考えると、無農薬米や無農薬野菜が理想的な健康食材であるとわかりますが、さらに重要なことがあります。無農薬栽培の農産物は、化学肥料を全く使っていないか、ほとんど使っていません。これは何を意味するのかといえば、化学肥料を使えば使うほど、野菜の中のビタミン含有量は減少して、栄養価が下がると同時に、化学肥料で育つ野菜は、硝酸塩をたくさん含み、この硝酸塩が胃の中で反応してできる発がん物質が、がん予防にとって非常に有害であるという事実があるのです。


スポンサードリンク

中国野菜で癌になる

中国の野菜は、この硝酸塩の含有量がたいへん増加しています。ある調査にょると中国に駐在した日本のサラリーマンに胃がんが増加しているということです。これなど、中国野菜の無分別な化学肥料の使用による硝酸塩増加が、胃がんの増加に関与していると見て間違いなさそうです。このように中国野菜よりは、圧倒的に日本の国産野菜や米が健康によいのですが、その中でもさらに良いのが、無農薬、無化学肥料の条件で栽培された自然農法による米や野菜ということです。この農法を日本中の有志に普及して活動されておられるのが、「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんなのです。木村さんはいま、日本だけではなく世界中で講演されたり普及に尽力されています。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク