ネオニコチノイド系農薬は危険

ネオニコチノイド系農薬は、ウーロン茶やぶどうジュースにも 大量に含まれていることが判明しています。 いまだ政府はこの危険な農薬を放置したままです。過剰摂取すれば、呼吸困難や全身の筋肉の引きつりを起こします。病院で検査をすると尿からネオニコチノイド系農薬の代謝産物が検出されます。市販のペットボトルの茶と市販の果物や果物ジュースにこんな危険な農薬が含まれているのです。


スポンサードリンク

規制が甘いことをよいことに農薬業者のやりたい放題

10年間でネオニコチノイド系農薬使用量が2倍に増えています。果物や野菜など農産物に使われ、人の神経細胞を攻撃します。 日本中でいまや使用されるに至ったのも、規制が甘すぎるからです。脳と自律神経を狂わす有毒物質です。ミツバチが突然失踪して巣が崩壊する 事件が多発しているのも、この農薬でミツバチの脳神経が麻痺したためです。ネオニコチノイド系の農薬の中毒は、頭痛、うつ病、意識障害を起こします。中枢神経を狂わせる症状が多く、きわめて危険です。


スポンサードリンク

ネオニコチノイド系農薬は脳神経に有害

うつ病の増加の背景にもこの農薬が関与していると思われます。ぶどうジュースなどの果物ジュースの大量摂取で、筋肉のけいれんや痛み、歩行障害がおこることもあります。手足の冷え、咳、頻脈など自律神経の異常症状も摂取量が多い場合に出てきます。原因不明の咳や動悸の原因がネオニコチノイド系農薬にあるかもしれません。このような患者が増加する原因は、日本の残留基準値が欧米に比べて異常に高いためです。お茶の場合はEUの300倍も甘い基準値になっています。

ぶどうジュースは無農薬の製品を選ぼう

ぶどうや梨や桃などの果物を大量に食べることでも、この農薬を取り込みます。ぶどうジュースを大量に飲んだあと意識障害を起こす児童が増えています。発達障害が増加している背景には、こうした農薬の影響があります。お茶や果物ジュースの一気飲みは危険であり、果物を一度に大量に食べるのも危険です。 お茶は、農薬がかかる茶葉を使うものを飲まないことです。麦茶や水のほうがよほど安全です。果物、野菜、米、あらゆる農産物に使われているネオニコチノイド。身を守るには、無農薬の野菜や果物だけを食べるようにしなければなりません。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする