外国から毒野菜が入ってきている

日本に輸入されてくる、とある外国からの野菜は年間150万トンにものぼります。しかし、その生産現場は、汚染と農薬により荒廃しきっているのです。まさに殺人野菜や毒肉といったものを某国は国外に輸出しています。某国の農民たちは、都市の人が病気になっても関係ないと考えて、危険な農薬を過剰に使用しているのが現状です。

日本向け輸出野菜、食べる人の健康など一切関係ない

モラルのない生産方法でつくられているのです。トマトやスイカなどには、ホルモン剤を過剰に振り掛けているのです。農民は、成長ホルモン剤や農薬や化学肥料を使いまくった野菜を売り、自分たちは、無農薬の野菜を別に栽培して食べているのです。某国においては生産者モラルというのは完全に崩壊しているのです。まさに無道徳の国です。特に深刻なのが、農薬による農産物汚染です。世界の全耕地の9パーセントしかない某国の耕地で、世界が生産する 化学肥料の32パーセントが消費されているのです。


スポンサードリンク

発がん物質まみれの野菜

世界平均の三倍以上の農薬を使用しているのが某国の野菜生産なのです。その野菜は、実は日本に加工野菜や乾燥野菜としてのものも含め、年間150万トンも輸入されているのです。日本に入ってくる生野菜が年間54万トン、冷凍野菜40万トン、加工野菜30万トンです。ものすごい大量の汚染野菜がすでに毎年、日本に 輸入され、さまざまな用途に使われているのです。

外食産業の具材やインスタント食品の具材、コンビニ商品の中に

安価であるゆえに、これらがこっそりと使用され、私たちは知らず知らず 食べさせられているのです。富豪は、自分たち専用の無農薬野菜農場を持ち、そこでは、無農薬、無化学肥料の自然栽培で安全な野菜を作らせて、それを 食べているのです。 このように国そのものが不道徳なあり方で、野菜の生産をして日本に輸出する、これが現状なのです。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク