農薬の毒性

健康になる食材

農薬の毒性はどのようにして決められているのでしょうか。 それはモルモットなどの急性中毒による半数致死量を基準にして分類されています。 その基準は決して安全というものではありません。慢性中毒については基準にすら入っていません。 魚毒性というものもあります。これは水槽中で魚の半数以上が 48時間以内に死ぬ濃度で決められています。このようにみると、許可されているからといって決して農薬は安全ではないと理解できます。いま、全国に志ある農家が増えてきています。化学肥料を一切使用せず、除草剤を一切使用せず、農薬を一切使用しない、そんな農法で野菜や果物を栽培する農家が次第に増えてきています。


スポンサードリンク

すべての農作物は無農薬化できる

いまでは、ほとんどすべての野菜、果物ではリンゴ、みかん、柿、梨、桃にいたるまで、無農薬有機栽培のノウハウが確立されています。そして志ある農家が次々にこれに取り組んできています。農家では、自分たちの食べる分だけ、こっそり無農薬で栽培して食べているところも多いといいます。数十回も農薬を散布して栽培した野菜を、自分たちはとても食べることができなかったのです。実際に、農薬散布の作業で、皮膚炎、癌、アレルギーなどになって 苦しんでいる農家の人はたくさんいます。農薬使用量の多い農地の近くに、ある種の癌患者が他地域にくらべ 多発しているという研究結果も報告されています。自分達が食べられないものをお客様に販売する農家の心情はいかなるものでしょうか。 この苦痛に耐え切れずに、無農薬有機農法に切り替えた農家も多いのです。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク