農薬含有野菜の問題点

日本では、ほとんどの野菜は農薬を使用して生産されています。消費者の多くはあまり現状を知らないのですが、農薬というものは、その使用回数たるや、一回、二回ではありません。 ひとつの野菜を生産するためには数十回もの散布を行うことがほとんどです。この農薬は、野菜に微量ながら残留します。政府が基準を定めていますが、その基準は実際にはかなり甘いものです。 この基準すらはるかにオーバーすることもある中国産の野菜については論外ですね。 健康を維持したい人、癌などの病気になりたくない人は、 できるだけ農薬残留の少ない野菜を食べて下さい。調理の際には農薬をできるだけ抜いて処理する方法があります。外食では、農薬を抜く手間を省いて調理することが多いので、心配です。


スポンサードリンク

外食は農薬のリスクがある

「当店は無農薬野菜使用」とか「国産の減農薬野菜を使用しています」と明示する飲食店が安心です。農薬の一番の健康被害といえば、発がん性です。 健康に良いと思い、野菜や果物をたくさん食べても、 農薬のせいでがんになったら本末転倒です。残留農薬によるアトピーや喘息などのアレルギー疾患も増えています。できれば、有機農法で生産された有機野菜を食べるようにしたいものです。 最近は、インターネットでの有機野菜の販売が盛んになっています。有機野菜を食べる消費者が増えてくれば、価格は今よりも下がってくるはずです。国民が高い見識をもって消費活動をしていくことが大事です。理想は無農薬野菜だけを食べること。次善の策は減農薬野菜。どうしても不可能な場合は、農薬を落として食べる方法を研究する。 それでも中国産はできるだけやめておきましょう。各家庭に小規模な家庭菜園、ベランダ菜園などを設置し、自分たちで簡単な無農薬野菜をつくるようにしてみてください。無農薬の野菜の味は、ぜんぜん違います。本当の野菜のおいしさがわかります。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする