和歌山有機農業研究会

和歌山県では、「和歌山有機農業研究会」が無農薬栽培の研究と普及を行っています。 みかんは、昔から、大量の農薬を使用して生産される果物でした。 このため、農薬、化学物資のアレルギーがある子供などは、みかん箱が自宅に置いてあるだけで、揮発した残留農薬の影響で、アレルギーやアトピー、喘息などが悪化するケースもありました。和歌山有機農業研究会の農法は、もちろん、低農薬や、少農薬などではありません。 生態系を破壊し、土を殺し、発がん性によって人体にも有害な「化学農薬」「除草剤」「化学肥料」を 一切使用しない農法を確立しているのです。 十分な堆肥、油粕、魚粉、牡蠣殻、海藻、ひのきエキスなどを肥料として健康な土づくりを行っているのです。こうして健康な土地ができあがると、無農薬であっても虫がつかない丈夫な作物が育つのです。


スポンサードリンク

桃も無農薬栽培できる

現在は、「みかん」「柿」「梅」「八朔」「甘夏」「玉葱」「グアバ茶」など多種類の作物が生産されています。こうした運動が和歌山全体に広がり、また他県へも普及されていくことは 消費者にとってたいへんありがたいことです。現在はインターネット通販の普及で、優良な農法で生産された作物を 全国どこでも届けることができるようになって、本当に必要ならば、 誰でも無農薬有機野菜を入手できるようになりました。日本が世界の手本となって、化学肥料や農薬を一切使用しない農法がスタンダードになると良いですね。 化学肥料を使えば使うほど、土地は痩せていきます。土壌の有機物が減少し、 亜硝酸塩などの有害物質ばかりの土地になってしまいます。痩せた土地では病害虫が多発し、それを抑えるのに有害な農薬を何度も何度も 散布しなければならなくなります。これは不毛な行いではないでしょうか。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク