農薬アレルギーと無農薬野菜

健康になる食材

無農薬野菜、有機栽培の作物を食べることの意味を考えてみたいと思います。農薬の使用が戦後、次第に増加し、その農薬が作物や土壌に蓄積していった結果、アトピー性皮膚炎や気管支喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎などのアレルギー性疾患が増加しています。こうした病気の原因は、体の免疫機能の乱れによるものです。本来、反応しなくてもよい花粉や、化学物質に反応するのがアレルギーです。このような体の状態を促進させているのが、残留農薬をはじめとする化学物質が人体に蓄積していった結果であろうといわれております。野菜は健康に良いからといって、たくさん農薬野菜を食べた結果、残留農薬が人体に蓄積して、免疫機能に悪影響を及ぼし、アレルギー疾患が発生しているのではないかといわれております。その証拠に、こうしたアレルギー体質の患者さんが、無農薬野菜に切り替えて食生活を改めた結果、薬など使わずに、アレルギーが改善したというケースが多数みられます。


スポンサードリンク

農薬は癌を起こす

残留農薬は、発がん性もあります。長年、体内に蓄積していくうちに、癌を引き起こすのです。このような事実を知ったのであれば、すべての農家が無農薬有機栽培に切り替えるべきであると思います。青森県の木村秋則さんが、完全な無農薬有機栽培のリンゴ生産をすでに実現されております。日本全国のすべてのリンゴ農家、果実生産者は、木村秋則さんのノウハウを勉強して、自分たちも無農薬に切り替えるべきです。それが良心というものではないでしょうか。なんだかんだと理屈を並べて、いまだに農薬を使用し、化学肥料を使用している農家は、消費者の健康や幸せをぜんぜん考えていないということです。そして自分たちの食べる分だけはこっそり無農薬で育てていたりするのです。全国の農業に携わるすべての人々が、一日も早く良心に目覚めて、本当に消費者の健康と幸せを考えて、無農薬有機栽培を日本農業のスタンダードにして頂きたいと念願しています。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク