農業政策の問題点と、無農薬自然農法

日本の農業政策は間違っていると言われています。それは農協が旧来の陋習に固まっているためといわれています。新しい農法を普及しようとするときに、農協の存在が、その普及の障壁になることもあるそうです。特に農薬や農機具など共同購入の仕組みを使って、企業との癒着が起きています。無農薬栽培が普及すると、農薬製造業者は困るわけです。それで、農薬研究の大学教授を使って、無農薬栽培を批判させたりといったネガティブキャンペーンをします。このような活動のおかげで、日本ではなかなか無農薬栽培が普及しません。ところが半農の人は、ほとんどが無農薬で自給自足用の野菜をすでに栽培しているのです。この矛盾は何でしょう。現在の日本の政府も、無農薬栽培、自然栽培を推進するプロジェクトを立ち上げる気配もありません。


スポンサードリンク

自然農法の普及

こうした新しい取り組みを研究、実践しようとしてくれない。とても残念なことです。木村秋則さんは、政府や公的機関の援助もなく、孤軍奮闘で、奇跡のリンゴとよばれる、リンゴの自然農法を確立されました。こうした国の財産ともいうべき人財は、いわば国の宝であり、国宝です。こういう人に学ぼうとしない、話を聞こうともしない、こんなことでは日本の農業に未来はないのです。今、政府はもっと、真剣に無農薬栽培、自然農法を日本で普及させる取り組みを行うべきなのです。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする