100歳まで介護がいらない人になる4つの習慣

アンチエイジングのためには食材の選定が重要です。もっともおすすめするのは無農薬栽培の野菜、無農薬栽培の米、および果物を食べることです。本書は、アンチエイジングに造形の深い内科医である 石原結実さんが、100歳まで健康長寿するための秘訣を まとめています。石原医師は、ニンジンリンゴジュースを推奨していますが、 このジュースに使う野菜もまた、無農薬のにんじん、リンゴをおすすめします。 にんじんやごぼう、そしてリンゴなどは皮の部分にアンチエイジングに効果のある 栄養素が多く含まれています。ところが農薬のことを心配するなら、野菜や果物の皮の部分は農薬が蓄積する 部位であるゆえに、そこを取り除かねばなりません。これは非常にもったいないのです。無農薬栽培の野菜や果物であれば、表面の汚れを洗浄すれば、皮ごと安心して食べられるのです。

無農薬野菜を食べることが必要な理由

皮ごとジュースにすれば、栄養価も倍増します。また、無農薬栽培の農作物には、通常の農薬を使った栽培の農作物よりも、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が大量に含まれているのです。それは農薬の使用とは化学肥料の使用と表裏になっているからです。 農薬を使う場合は、化学肥料も同時に使いますので、硝酸塩が多くて、ビタミンやミネラルが少ない野菜になってしまうのです。無農薬栽培は、天然の堆肥などを肥料にするので、自然と、 栄養が豊かに含まれる農作物となるのです。


スポンサードリンク

100歳まで介護がいらない人になる4つの習慣

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク