無農薬野菜や無農薬米を食べることの意味

日本では今、無農薬野菜や無農薬米を食べることを選択する人々が 増えてきています。安価な市販の野菜や米は、もちろん大量の農薬を散布して育てられます。散布回数は数十回以上であることが普通です。農薬の人体への有害性については実はまだわかっていないことが たくさんあります。三十年とか五十年、農薬が持続的に微量でも体内に 蓄積するとどのような病気が発症するのか、といった研究が難しい問題があるからです。しかし、動物実験での研究結果では、化学農薬はすべて発がん性物質であり、アレルギーを誘発したり、癌を発生させたりして免疫をかく乱することが わかっているのも事実です。そして、アトピー性皮膚炎やアレルギー体質が、無農薬米や無農薬野菜を 食べることで改善したという報告も多数出ている事実もあります。


スポンサードリンク

農薬の発がん性

そういった情報が知られるにつれて、石油から製造されている石油化学工業品である 化学農薬とは、人体に危険で有害性の高いものなんだという認識が広まりました。その結果、多くの人が無農薬の農作物を欲するようになったのですが、無農薬栽培で美味しい野菜を育てるには、化学肥料は使えないことも 多くの研究者によって明らかになってきました。化学肥料で育つ野菜は、害虫や病気に弱いので農薬がなければ うまく実らないことがわかったのです。このため無農薬栽培とは、無化学肥料栽培でもあるということなのです。このような農法を自然農法といいますが、これを日本中、いや世界中に 普及させた功労者が木村秋則さんです。 青森県で「奇跡のリンゴ」と呼ばれる完全無農薬栽培のリンゴ栽培を成功させたのが 木村秋則さんなのです。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク