木村秋則さんの物語が映画化されました

奇跡のリンゴ農家として知られる青森県の自然農法家、木村秋則さんの 完全無農薬リンゴ栽培の苦節の物語を映画化した作品が、2013年の六月に 公開されます。阿部サダヲが木村秋則さん役を演じ、菅野美穂が木村さんの奥様を演じます。リンゴを完全な無農薬、無化学肥料の条件下で栽培し、生産に成功するという常人にはなしえなかった偉業を遂げた木村秋則さんですが、そこに至るまでの道のりは尋常なものではありませんでした。八年間ものあいだ、リンゴの樹は実ることもなく時間が過ぎました。その間、さまざまな苦心と苦労を重ねて自然農法を研究実践された木村秋則さんを支えた奥様や子どもたちの尽力もあり、木村さんはついに自然農法でリンゴ生産に成功されたのです。

木村秋則さんの弟子になった農家

木村さんの提唱する農法がいまや日本中に知られるようになり、そのノウハウを学びたいという後進が次々と現れ、木村さんは全国をまわって後進育成のために不眠不休で活動を続けてこられました。その成果により今、日本各地で米、野菜、果実の自然栽培が普及しつつあります。これまで不可能とされた桃をはじめとするさまざまな果実も完全な無農薬、無化学肥料で栽培ができることがわかってきました。米や野菜はいうまでもありません。その結果、本当に健康によい栄養価の高い農産物を日本国民が食べられるようになりつつあります。まさに農業ルネサンスといってもよい新しい流れが始まろうとしています。木村秋則さんの映画が多くの国民に見られることでいっそう認知度が高まり、日本の農業の建て直しが実現することを念願してやみません。


スポンサードリンク

   

奇跡を起こす 見えないものを見る力

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク