ネオニコチノイドと有機リンの農薬被害

ネオニコチノイド系農薬

浸透性農薬というのをご存知でしょうか。
これはネオニコチノイド系農薬のことです。
この種類の農薬は、野菜や果物に多様されつつありますが、

皮をむいても、水にさらしても、とりのぞくことができません。
従来の有機リン系農薬の場合は、ある程度、食べる前に除去ができましたが、
それが不可能なのです。


スポンサードリンク

ネオニコチノイド系農薬は、神経に悪影響

世界中でミツバチの大量失踪がおきていますが、ネオニコチノイド系農薬が
原因で、ミツバチの神経系が狂い、巣に戻れないまま死んでしまうためにおこる現象です。

有機リン系農薬でも子どもが発達障害になりやすいことがわかっています。
ネオニコチノイド系も同様の悪影響があると考えられています。

こうした農薬が脳に悪影響を与えて、アレルギー反応を悪化させます。
また同様に副腎にも悪影響を与えて、過敏症をおこします。

日本の規制は欧米の三百倍も甘く設定されており、
この農薬による健康障害がどんどん増えることが考えられます。

家庭や保育園では、無農薬野菜や無農薬果物、無農薬米を
子どもには食べさせるほうが安全です。


スポンサードリンク

ネオニコチノイド系農薬も有機リン系農薬も発達障害に関与

これらの農薬が含まれる小麦や野菜や果物などの食品などをとることが、
妊婦が発達障害の子を産むリスクを高めている可能性があると、
ハーバード大学などの研究報告では指摘されています。

乳幼児期にこの農薬を含む小麦や果物や野菜の摂取をすることで、
乳幼児にも発達障害の発生をもたらしている可能性もあるとのことです。
母親はできるだけ無農薬の野菜、果実、穀物をとるようにし、
母乳育児をできるだけ長く行うことが推奨されています。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク