農薬による皮膚アレルギーやアトピーが増加

無農薬栽培

アレルギーをおこす原因の一つが農薬です。日本は農薬の使用量が世界的に見ても多い国です。
農薬による皮膚アレルギーやアトピーが増えています。
農薬の使用された果物を食べると症状が悪化し、野菜でも種類によってはそれがおきます。
農薬をもっとも使用するのが果物です。
みかんや桃、ブドウやリンゴなど、大量の農薬を散布することを数十回繰り返し、ようやく出荷されます。
できるだけ無農薬野菜や有機栽培の野菜が安全といえます。


スポンサードリンク

中国野菜と比べても日本は農薬使用量が多い

野菜も、ナスやトマト、きゅうり、キャベツ、レタスはじめ、
果物と同じぐらい激しい農薬散布の結果、出荷されている種類も多いです。
従来の農法では農薬を使わないままで野菜や果実を育てることはできません。

本来は正しい無農薬栽培で、栽培が可能なのですが、
それがまだ普及していないこと、そして農業従事者の頑迷さにより、
いまだ、日本ではそれが普通です。

農薬みかんを室内に置いておくと、農薬成分が揮発して空中に漂い、
その結果、幼児のアレルギーが悪化する事例もあるのです。

これなど、子供は食べられないけれど、親が食べようと
室内に置いておいた農薬みかんのために、
食べていない子供までもが影響を受けているのです。

農薬アレルギーのお子さまのいる家庭では、
例え、親が食べるためであっても室内に農薬をたっぷり使った
果物を放置することは厳禁です。

アレルギー対策のひとつは無農薬野菜を選ぶこと

アトピーのスキンケアにおいては、無添加の基礎化粧品を
使うことや、無添加のシャンプーやボディソープを使うことで、
有害な石油系化学物質や合成界面活性剤、保存料などの
いわゆる経皮毒を避けることが大切です。


スポンサードリンク

市販のシャンプーや石鹸の多くは経皮毒性を持つ化学物質を
配合しているので使用には慎重であるべきです。無添加のものを選びましょう。
また衣類の洗剤や食器用の洗剤にも同様に気を配り、
無添加の洗剤を使用するようにしましょう。

食事療法も大切です。農薬を使用していない野菜や果物をできるだけ選びましょう。
入手が難しい場合は、無農薬野菜や無農薬の果物を通販で購入することも可能です。

宅配で無農薬野菜を入手するのが便利

宅配の形式で無農薬農産物を配達してくれる業者も国内に
数社存在しますので、症状が重い場合はそういったところから
購入することをおすすめします。

ヘアカラーつまり毛染めは、特に有害な化学物質の塊です。
まったくの天然成分だけでできているヘアカラー以外は使用しない
ことです。制汗デオドランドも使用しないほうがよいです。

親がこうしたものを使うことで、子供にも悪影響があります。
家族全員での対策が重要です。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク