無農薬農法の農家は増えていて宅配でそれを注文できる

無農薬野菜通販

無農薬の野菜を食べるには、生協宅配申し込みや、生協の宅配パルシステム、
オルター、よつば、などの野菜の宅配を申し込みすると安心で便利です。
これらは生産者の顔がみえるということです。農作物をどんな方法で
生産しているのか、農家によってそのモラルはさまざまです。
たくさんの農薬を使って野菜や果物を育てる農家もあります。
一方で農薬の使用を最小限度に抑えて、消費者の健康に配慮する生産者もあります。


スポンサードリンク

無農薬および無化学肥料をモットーにして自然農法をライフワークに

意識の高い農家も存在します。そういった優良なる生産者を選び、
消費者のもとに直接届けようという発想が生協の思想の根底にあります。

農薬の問題や食品添加物の問題など、現在の食品業界には
日本国民の信頼を損なうような、そして不安を増大させるような要素が
たくさんありますが、そのリスクを少しでも下げるために
宅配システムを活用するのは賢明な方策だといえます。
たくさんの食材宅配業者が存在していますので比較なども有意義です。

たとえば、オイシックスもあります。これも有機栽培の野菜を
中心とした食材の宅配をしています。こういったものを上手に
活用して安心の食材を選ぶことが大切ですね。

アトピーやアレルギーの子供には無農薬、無添加の食材を

特に赤ちゃんや農薬アレルギーのある子どもなどには、農薬や食品添加物の
できるだけ含まれないものを食べさせてあげたいです。
できれば無農薬有機栽培の野菜や果物を選びたいですね。

経皮毒という考え方があります。これは大きな概念であり、
石油化学系物質を含む、さまざまな日用品が、該当します。
入浴に使う洗剤や食器の洗剤、衣類の洗剤、化粧品、毛染めなど。
これらの化学物質は、発がん性があったり、アレルギーを起こしたりします。


スポンサードリンク

まずは、身の回りから有害な石油系化学物質を排除してみましょう。
お風呂では、無添加せっけん、無添加シャンプーを使いましょう。
入浴剤も市販の多くは石油系の化学物質が含まれるのでやめておきましょう。

食器用の台所洗剤も無添加のものにしましょう。
合成界面活性剤を含む石油系の洗剤は、食器にこびりつき、
食事のときに少しずつ、体内にとりこまれてしまいます。

衣類の洗剤も同じです。衣類にくっついたまま汗をかくと、
汗に溶けて、そのまま体にしみこみます。

市販の化粧品にも有害な化学物質が使用されている

化粧品は皮膚にぬりつけるので、特に気をつける必要があります。
石油系タール色素は有害な発がん物質ですから、
これを使用していない天然成分で、石油系化学物質が使われていないものを選びましょう。

ヘアカラーはたいへん有害な化学物質が含まれているものが多く、
頭皮から少しずつ体内に取り込まれるので危険です。
完全に天然成分だけで作られたものだけを使いましょう。

ミヨシ石鹸や太陽油脂株式会社、はじめ、日本でも数社の製品が
石油系物質を一切使わない無添加製品になっており、比較的安価に入手可能です。
まずは、身の回りの製品をこういったものに変えて様子をみてみましょう。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク