熱中症の予防にはスイカやトマト

健康になる食材

熱中症予防にスイカを食べましょう。子供や高齢者の多くが熱中症について、不安をもっています。子供や高齢者にとって、熱中症は命を落とす危険な病気ですから当然です。熱中症を予防するのにスイカがおおいに役立つことを知っていますか?スイカを食べると水分が補われ、余分な熱を下げてくれます。日本スイカはドバイでも大人気で1玉3万円もの高値で取引されます。スイカにはトマトの1.4倍のリコピンが含まれていて、老化防止に役立ちます。一人で暮らす高齢者にスイカは必須の食材なのです。


スポンサードリンク

リコピンには体脂肪燃焼効果や酸化防止効果が

スイカは熱中症を予防できる良い食材です。スイカは元来は体を冷やす食材なので、体内の熱を抑えて、冷ましてくれるということです。スイカには利尿作用もありますが、脱水にならない自然な作用なので安心なのです。水分が足りない場合には排泄されないのです。スイカは、リコピンも豊富で、アンチエイジング成分としても優れています。高齢者にとって、リコピンが含まれるスイカやトマトは必須の食材です。リコピンは黄色スイカには含まれていないので赤スイカを選びましょう。リコピンは油溶性で、食前より食後に食べる方が吸収されます。


スポンサードリンク

老化やガンを予防するβ-カロテンもスイカに豊富

スイカは、アンチエイジングによいβカロテンも豊富で、リンゴよりも多くのカリウムを含みます。カリウムは、むくみを解消し、血圧の上昇を抑えてくれます。高血圧の傾向がある人には、スイカは最適の食材です。知り合いに高齢者がいるのであればスイカを贈ってあげましょう。スイカには、美容成分シトルリンが含まれます。シトルリンは、血管を若返らせ、美肌、血流改善効果があります。
むくみの改善、抗酸化作用や、コラーゲン分解を抑える効果があります。シトルリンは、果肉よりも皮に約2倍存在します。皮もキュウリの代わりに食べましょう。

スイカの種にも栄養素がある

スイカの種は中国では食材です。塩で炒って食べるのです。スイカの種は漢方薬の生薬としても使われています。生薬名は西瓜子仁です。気の上昇を抑えて、イライラを鎮める作用があります。高血圧の人には血圧を下げる作用を現します。利尿により、膀胱炎の症状を緩和し、潤腸作用で便通を良くしてくれるのです。利尿効果は、むくみを解消します。五臓論でいう腎の働きを補う生薬と考えられています。つまりは滋養強壮に良いのがスイカの種だということです。日本ではスイカの種はすべて捨てるものですが、あつめてとっておき、これを材料にスイカの種のお茶を作ることができます。スイカの種40gに対して水1ℓで作ります。スイカの種を粉末状にして沸騰したお湯に入れ、1時間ほど火にかけます。その後、冷ましてから液体を濾してカスを取り除きます。滋養強壮と利尿と腎の気を補う生薬の働きをお茶で得ることができます。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク