経皮毒を避け、経口的にも有害な食材を避けるには

健康になる食材

食べ物から体内に侵入してくるのは農薬だけではありません。さまざまな化学物質があります。香料や保存料や酸化防止剤などの化学物質が食物から侵入してきます。そして食べ物以外にも皮膚から入り込む有害物質もあります。皮膚から入り込むものに関しては、経皮的侵入をしてくる毒素という意味合いから経皮毒とも呼称されています。


スポンサードリンク

ヘアカラーには有害な石油系の化学物質が

髪を染める若い女性が多いですが、ヘアカラーの色素は石油系の化学物質であり、それを浸透させる合成界面活性剤もまた人体に有害な経皮毒です。ヘアカラーが有毒であることをあまりにも女性の多くが知りません。金髪や茶髪を好む風潮も問題ですが、そのヘアカラーの原材料が、環境ホルモン作用のある有害物質であることを、もっと周知徹底させるべきです。妊娠や出産に関係のない高齢者が白髪染めにする場合でもこれらの有害物質で、癌になる危険があります。若い女性の場合は、子宮内膜症、子宮筋腫がおこり、不妊症になるのです。ヘアカラーを使う若い女性は即刻、それをやめ、黒髪をもっと大切にすることです。どうしても染めたい場合はヘナなどの天然成分だけを使った安全なヘアカラーにするほうがよいでしょう。


スポンサードリンク

アトピー性皮膚炎や気管支喘息にヘアカラーの経皮毒が影響

皮膚のアレルギーや呼吸器系の喘息などにも影響しているので、こういった疾患のある人もヘアカラーは使わないほうがよいでしょう。かなり以前から子宮内膜症に環境ホルモンがかかわっていることがわかってきています。環境ホルモンとしてはダイオキシンが有名ですが、実は身近にもっと有害な成分があふれています。それは合成界面活性剤です。石油からつくられている合成界面活性剤は、ヘアカラーだけでなく、シャンプーやリンスやヘアコンディショナーの中に含まれており、化粧品であるゆえに規制の対象になっていません。日常的にこれらの物質にさらされた女性の体内に皮膚からの浸透という形で、皮下に蓄積されます。それが体内をめぐっていき、子宮に到達します。そして、その成分は内分泌攪乱物質として作用するので、子宮内膜症や子宮筋腫を誘発するとされているのです。

コンビニの食品は多くの食品添加物を含んでいる

保存を安全に行うことが最優先であるコンビニ食品は化学物質の宝庫でもあります。コンビニに販売されているおにぎりやサンドイッチは、長時間、放置しても、なかなか腐敗をすることがありません。それは、なぜでしょうか。保存料がたっぷりとふりかけられているのです。コンビニの弁当などを食べて、食中毒をおこさぬよう食品添加物を大量に使用しているのです。化学物質を大量に使っているがゆえに、腐敗しないのです。そのような食べ物を毎日のように食べている人はどうなるでしょうか。日々、体内に食品添加物が蓄積していきます。これは経皮的というよりも経口的に体内に侵入してくる有害物質です。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク