農薬とは殺人兵器のような毒物

完全無農薬野菜

農薬の害は、有機リン剤によるものがもっとも有害です。これはホリドール、パラチオン、スミチオンなどの農薬です。これらは、受容体が脳神経および副腎にあるとされ 、農薬が副腎に障害を起こして副腎皮質ホルモンの分泌が低下し、癌や膠原病、アレルギー、リウマチ、アトピーなどの病気を誘発しているのです。ゴルフ場の除草剤なども問題です。


スポンサードリンク

食品添加物と農薬の害を減らすには

食品添加物だけでも年間で4・5キログラムも体内に入り込んでいますが、 その中でも野菜についている農薬には特に気をつける必要があります。有機リン系の農薬を使った野菜を食べることで子どもに発達障害が おこりやすくなるという研究結果がすでにアメリカの小児学会に発表されているのです。農薬が脳神経にも悪影響を与えていることがこれであきらかです。農薬は、体内に蓄積して、長期的に内臓機能を乱します。毎日の食事から入ってくるので微量でも蓄積されていくのです。


スポンサードリンク

農薬の慢性的な健康への悪影響こそが問題

この慢性中毒症状がおそろしい癌をひきおこします。 また膠原病やアレルギーの原因となるのです。つまり、農薬とは、使用量や回数を減らせばよいというものではないのです。むしろ、使っているのか、いないのか、それが問題です。蚊取り線香、家庭用殺虫剤などもすべて農薬と同じ成分でできています。これを室内で使えば、ビニルハウスの中で農薬をまくのと同じです。そのため、蚊取り線香なども天然の除虫菊由来のものを使うようにしましょう。農薬と化学肥料を使えば使うほど、土壌は消耗して、微生物が減少し、死んだ土になっていきます。農薬とは殺人兵器のような毒物であることを忘れてはなりません。無農薬野菜を選ぶしか、本当の健康を守れないのです。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク