化学肥料を使いすぎると硝酸塩が多い野菜になる

硝酸塩含有量が多い野菜にはどんな健康への影響があるのでしょうか。中国駐在の日本のサラリーマンに糖尿病が多いことが判明し、調査をした結果、水道水の硝酸塩濃度が異様に高いことが原因の一つとして指摘されました。しかし、水道水を飲んでいないサラリーマンにも糖尿病が多いため、原因は野菜に含まれる大量の硝酸塩だと結論づけられました。


スポンサードリンク

化学肥料を使うと野菜の硝酸塩の濃度が上昇する

アメリカでも、硝酸塩濃度が高い飲料水を飲んでいると糖尿病になりやすいことが調査されています。野菜の硝酸塩濃度が人体の健康を害するまで上昇するとはなにゆえでしょうか?それは、野菜の栽培の際に、化学肥料を大量に使用し、早く大きく育てるときに、硝酸塩の蓄積が発生するのです。日本でも国産野菜で促成栽培やハウス野菜に硝酸塩が多いことがわかってきていますが、中国の野菜はその状況にあるのです。それを考えると、日本の無農薬農家が、無農薬、無化学肥料で栽培した野菜や米がもっとも安全であるといえるでしょう。

旬の野菜ではないハウス栽培や促成栽培野菜は硝酸塩が多い

外食の場合は安価な中国産を使用しているので、国産野菜使用と明記しているところ以外での飲食はひかえるしかありません。無農薬栽培で、自然にゆっくりと栽培したもので、化学肥料を使用していない栽培方法がもっとも安全であり健康に良い野菜なのです。現在、ネット通販の宅配野菜では、この基準をできるだけ満たしたものが入手できるようになってきています。家族にアレルギーの子供がいるとか、アトピーの人がいるような家庭では、コストは若干かかっても安全な食材をできるだけ選択していくようにしたいものです。


スポンサードリンク

中国産野菜の硝酸塩含有量の検査はほとんど実施されていない

病気になれば、医療費もかかりますし、病気で働けなくなると収入も減ってしまいます。それを考えたら、食材に十分に気を使うことはむしろ合理的であるといえるでしょう。中国産の生姜なども高濃度の農薬汚染がありますので、外食などで生姜が出されても食べないようにしましょう。紅ショウガなどはもっとも危険です。WHО(世界保健機関)が定めている硝酸塩の摂取許容量は、体重60キロの人で、300ミリグラム(1日あたり)。ところが日本のスーパーで売られていた中国産のチンゲンサイの硝酸塩含有量は、1キロあたり5100ミリグラムも検出されています。現状では外国産野菜の硝酸塩含有量の検査は、まったくといって良いほど実施されておらず危険な状態です。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする