空気清浄機で空気中のPM2.5を除去する

PM2.5

PM2.5対策空気清浄機は各家庭に必須です。大陸から日本まで風に乗って運ばれてくる有害化学物質と黄砂は、いまや日本全土に及んでいるといいます。この有害微粒子をPM2.5と呼んで厚労省も問題視しています。なぜならば、PM2.5には強い発癌性があるのです。吸い込めば肺ガンをはじめとする癌を内臓に引き起こすのです。さらにはアレルギーを引き起こすこともわかっています。気管支喘息やアトピー性皮膚炎や皮膚掻痒症などをPM2.5が引き起こすのです。


スポンサードリンク

有害物質から身を守るためには外出に際してはマスクが必要

PM2.5対策用マスクであることが必要です。室内においては、高性能空気清浄機を稼動させて有害微粒子を除去して自動換気をしている住宅も多いですが、自動換気によりPM2.5は室内まで入り込んでくるので、スイッチを切っておくことをおすすめします。換気をすることをやめて、空気清浄機で空気中のPM2.5を除去するようにすれば安心です。石油ストーブなどの換気を必要とする暖房を使えば換気が避けられませんので、そのようなものではなくエアコンや遠赤外線暖房を使うようにすれば、換気をしなくても空気が汚れません。

PM2.5を除去することで花粉症などのアレルギー症状が緩和

皮膚掻痒症や気管支喘息なども軽快していくのです。中国が公害対策をまったく行わない国である以上、日本国民としては、マスクと空気清浄機による防御しか当面、方法はありません。空気清浄機はフィルター交換が不便ですが、フィルター交換がまったく不要な高性能空気清浄機があります。そういったものを使うと便利です。


スポンサードリンク

かんきつ類であるじゃばらのアレルギーに対する緩和効果

じゃばら飴はコンビニでも売られていることもあり、通販でも入手できます。くしゃみや鼻水が出てきて、鼻炎症状がひどくなったときに、じゃばら飴を頓服的になめてみることをおすすめします。あなたの体質がもし、じゃばら飴があっているのなら、じゃばら飴をなめるとくしゃみや鼻水が緩和されて、楽になることでしょう。水道のように、だだもれのごとく流れ落ちていた鼻水が止まりだしたら、じゃばら飴にあなたの体が反応したということがわかります。じゃばらがあっているとわかったら、じゃばらのサプリメントや、じゃばらジュースをさらに試してみることをおすすめします。じゃばらエキスのサプリも、じゃばらジュースも通販で簡単に入手できます。じゃばら飴、じゃばらエキスのサプリ、そして、じゃばらジュースを併用すると、花粉症の薬を飲まなくても、鼻炎の症状がほとんど出てこなくなるかもしれません。まずは、じゃばら飴を試してみましょう。じゃばら飴は安価なので気軽に試せます。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク