PM2.5や花粉によるアレルギー対策

PM2.5

花粉症の症状で悩んでいる人が増えていますが、その背景には大陸から飛散しているPM2.5の増加があります。PM2.5が増えてくると、それによって花粉症や皮膚炎などアレルギーが悪化するのです。PM2.5は九州地方から北海道まで全国で安全基準値を超えておりたいへん危険です。PM2.5は空気清浄機やマスクで防止していくほかありませんが、完全には防げません。


スポンサードリンク

中国大陸の工業地帯から日本にどんどん飛んでくるPM2.5

体内環境を整えて、アレルギー症状を緩和することが大切になります。そのための強い味方が、青みかんサプリです。青みかんには、ヘスペリジンという薬用成分が大量に含まれており、これが、天然の抗アレルギー作用を発揮し、花粉症やアレルギーによる、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、皮膚のかゆみ、目のかゆみを緩和するのです。青みかんは、天然の成分であり、副作用もなく安全です。まだ青いうちに収穫したみかんから作られた青みかんサプリは、安全な天然のビタミンを含んでいます。青みかんの中にはビタミンCやベータカロテンが豊富に含まれます。アンチエイジングに役立つサプリメントなのです。そして、ヘスペリジンやナリルチンという成分が豊富です。

ヘスペリジン、ナリルチン、それぞれが抗アレルギーの作用

これでアレルギーの反応を抑えてくれます。つまり、体内に過剰に分泌されているヒスタミンやロイコトリエンなどの化学伝達物質を抑えてくれるのです。医薬品のように眠くなることもないので車の運転も安心してできる上に、総合的に健康保持に役立つ成分なのですから、これほど、すばらしいものもありません。ただし、天然成分なので、症状のひどいときは少し多めに飲むなど調整も必要です。青みかんで鼻水やくしゃみがおさまったり、皮膚のはげしいかゆみが取れた人も多いので、鼻炎や皮膚炎やじんましんなどのアレルギー反応のある人には試して頂きたいものです。


スポンサードリンク

日本にどれぐらいのPM2.5が飛んできているのか

PM2.5測定器があると便利です。西日本全土に飛来し、関東のほとんどの地域に降っているPM2.5。今の自分の住んでいる土地の大気汚染の状態を把握すれば、どの程度の対策をすればいいのかわかります。こういった測定器を一台もっておくことで、家族の健康を守れるのです。もし、意外なほどに高濃度なPM2.5がふりそそいでいることがわかったら、ただちに対策をしましょう。室内でもPM2.5は侵入してきているので、まずは室内の測定が大切です。そして、家の周辺を測定してみましょう。高濃度のPM2.5が確認されたら、ただちに高性能の空気清浄機を設置し、室内の大気汚染を除去するようにしましょう。

外出時にはマスクを着用することも必要

携帯タイプのマイナスイオン空気清浄機などをつかって、PM2.5を除去することも大切です。慢性的な鼻炎、副鼻腔炎も含めて、鼻炎そのものの症状は、サプリメントでかなり収まります。それは青みかんサプリです。熟していない青みかんにはヘスペリジンという天然のアレルギーを防ぐ物質があります。鼻炎のほぼすべてになんらかのアレルギーがからんでおり、それは花粉であったり、ホコリであったり、食物、食物の農薬成分、食品添加物、香料であったりします。しかしこれらの成分すべてを検査することはできません。また現在の方法では、検査で陰性でもアレルギー反応があるものもあります。そのため原因探しより、防衛力を高めるのが早いです。青みかんのサプリはいろいろなメーカーで売っています。これらは主に花粉症に効果があるとして売られていますが、実際にはいろいろなアレルギー反応の原理は同一であるため、同じように使えます。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク