有機リン系農薬の害について

有機リン系農薬は、さまざまな農作物に使われている農薬です。この有機リン系農薬を野菜などを通じて慢性的に摂取するとどうなるでしょうか。 子どもで多い症状は、鼻水がとまらない、咳がとまらない、痰が多い、ぜーぜーする、 かゆみがひどい、下痢や嘔吐などが多い、お腹が痛くなる、ボーっとしている、多動などがあります。


スポンサードリンク

大人も子供も脳神経を狂わせる農薬の害

大人の場合は、頭痛、吐き気、集中力の低下、視力の低下などがおこります。 これらの症状は、有機リン系農薬のもつ神経伝達物質アセチルコリンの分解を障害します。そのためにアセチルコリンが体内に分解されないまま蓄積し、神経の異常な興奮をひきおこすのです。また肥満細胞というアレルギーをおこす細胞に作用しますので、さまざまなアレルギー反応を悪化させるのです。農薬には発がん性もあります。微量でも蓄積されることで悪影響をもたらすのです。海外からもたらされる食材には注意が必要です。


スポンサードリンク

農薬の害を避けるには無農薬野菜を選ぶ

そのため、アレルギー性鼻炎やアレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎を悪化させてしまうのです。また有機リン系農薬の影響は、セロトニン神経系にも悪影響を与えます。最近の研究で発達障害の原因として、乳幼児期の有機リン酸農薬に曝露され続けたことが大きな影響があるということがわかってきています。セロトニン神経系の障害では、じんましん、偏頭痛、シックハウス症候群、注意欠陥多動性障害、うつ病などがひきおこされることがわかってきています。有機リン系農薬は、インスタントラーメンに使われている安価な輸入小麦に大量に含まれています。 また、スナック菓子なども同じく安価な輸入小麦から作られています。学校で使われているパンなども、農薬残留量が多くて危険です。もちろん、お米も無農薬米がもっとも健康によいのです。  

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク